マインドフルネス速読による効率相乗効果

マインドフルネス速読による効率相乗効果

効率相乗効果とは中々聞き慣れない言葉だと思いますが、簡単に言えばひとつのことが出来ることになると相乗効果を起こして効率がよくなることを指します。

マインドフルネス速読ただの速読術ではないところは本を早く読めることになるだけではなくそれに伴い、時間効率がよくなったり、老化の防止に繋がったりと色々とひとつのことで相乗効果を生み出すところです。

では実際どのように効率相乗効果が発生していくのか例を出して紹介していきたいです。

マインドフルネス速読の公式HPへ

本を「早く読めるようになる」ということの意味

簡単に本を早く読めるようになるんだとシンプルに考えることも出来ますが、単純に2日かけていた本を1日で読めるようになれば、1日分、読書に費やす時間が生まれます。

その時間で新しく読書をすることもよし、別のやりたかったとことをするのもよしと時間が上手く活用することが出来ます。

さらに具体的な例で言うとこれを仕事に置き換えると今まで出来ていたことより、早く仕事が片付けることが出来るので作業効率というのがあがっていきます。

純粋に今まで出来てきたことより早く終えることが出来るということはその分、「新しく時間」が生まれることになります。

新しく時間が生まれることによる効果

新しく時間が生まれるということは別のことに挑戦することも出来ます。

そうすると自然と自身の能力が飛躍的に伸びていくになるのでしょう。

本を早く読めるというシンプルなことなのにその相乗効果によって他のこと対しても全て早くなるということに繋がります。

精神的な意味での相乗効果

そして、マインドフルネス速読は本を読めて時間を効率的に使えるようになるだけではなく、精神的にも充実した状態に持っていけることが出来るので、時間だけではなくさらに仕事の質も上がってきます。

さらに精神的に老いにくくなる効果があるので、常に若々しい状態でいることが出来ます。

精神にも影響してさらに仕事も捗ってくるとなるといいことしかありませんね。

マインドフルネス速読はただの速読術にあらず

マインドフルネス速読はただ本を早く読めればいいというコンセプトで作られておりません。

速読術を通して自身を加速化させることにより、あらゆることに対して効率化出来るように設計されています。

こういった相乗効果があるのというのは大きなメリットになると思えませんか。

まさに一粒何度も美味しいわけです!

マインドフルネス速読の公式HPへ TOPページを見る